利用するとこんなに便利健康診断アウトソーシングとは

健康診断の中でも定期健康診断は、労働安全衛生法で実施することが義務付けられています。従業員の健康状態を把握する上でも重要ですが、受診方法には何種類かあります。会社での集団検診や指定病院での受診、各自での受診などがあり、社員全員の健康状態を把握することは大変な労力が必要です。そのために健康診断のアウトソーシングという言葉が、最近では耳にするようになりました。健康診断のアウトソーシングとはその労力を外部に一括して委託することです。健康診断をアウトソーシングすることで、業務負担を軽減することができます。具体的にどのようなことが軽減できるのでしょうか。健康診断の窓口を一つにすることで、大企業の全ての従業員の受診の予約率を上げることができます。健康診断の結果もデータ化され、人事の仕事が効率化されます。

健康診断の日程調整や産業医などの面談日もアウトソーシングに任せられる

健康診断でまず困ることは、病院などに行く日程調整です。それぞれの従業員が業務内容などの違いにより、集団検診日を設けても都合が悪い人がでます。一人一人に対応することが必要ですが、アウトソーシングで外部に委託すると、煩雑な業務を全て任すことができるので、業務の効率が上がります。健康診断のアウトソーシングを利用する時に必要不可欠なことは、健康診断を受ける従業員の情報を登録することです。これだけは省略することはできません。その後フォーマットやクラウドを利用することで、大幅に作業時間や人員を削減することができるし、受診状況の確認や請求書の対応、受診結果表を取りまとめることまで行ってもらえます。産業医や保健師の面談や保健指導も抜かりなく行えるので、従業員の健康の維持や増進が高まり、結果的には企業の収益がふえることになります。

質の高い産業保健は企業イメージの向上につながる

企業で働くためには個人の健康管理が基礎にあります。健康でなければ決められた範囲の時間で勤務することが難しく、欠勤や遅刻などにつながります。個人の健康を把握するためには、身体的な検査とストレスチェックなどの精神面のケアも忘れてはいけません。健康診断のアウトソーシングは、身体的な検査だけではなく、ストレスチェックにも対応しています。ストレスチェックで問題がある人には産業医などの面談が必要で、その後職場の配置変更などの環境を整える必要が出てくることもあります。もしストレスチェックを受けていなかったり、産業医との面談をしない場合、従業員の健康管理ができず、仕事の効率ばかりではなく、従業員が長期の休みをとったり、退職などの可能性があります。そういったマイナス面を回避するためにも、健康診断のアウトソーシングを利用することが求められます。