健康診断アウトソーシングの利用がもたらす影響

健康診断をアウトソーシングに任せることによって得られるものはたくさんあります。まず、健康診断に関する業務一切を任せることによって、担当者を割く必要がなくなります。健康診断で得た社員の健康状況を適切に管理することによって、社員が産業医にかかることになった時にも円滑な診断の助けになります。産業医が診断する時間が大幅に減ることによって、迅速かつ的確な社員への健康フォローが可能になるのです。全社員の健康データの量はとても多くなりますが、専門業者に委託することにより、データのまとめ作業や管理、再検査のお知らせなどのアフターフォローも自社の社員でまかなうことがなくなるのです。通常の自社業務にその分集中でき、通常業務も捗ることになります。業務委託とは一見、余計なコストがかかるように思われがちですが、今や円滑な業務運営にはかかせないものになりつつあります。

健康診断に関する手続きなどを一挙に引き受けてくれる

健康診断は社員の健康を支えるために大切なものですが、企業から手配するとなると付随して発生する業務は少なくありません。手続きなどの書類関係はもちろんですが、医療機関と社員のスケジュール調整は本当に大変です。スケジュール調整のためには、現場の仕事状況も把握する必要があり、現場からの報告を聞き、把握し、調整することは現場にも健康診断の担当者にとっても負担になるものです。やっとの思いで調整できたとしても、業務上の突然のトラブルなどで予定通りにいかなくなってしまうこともあります。さまざまな理由によってなかなか受診できない社員もいますが、誰が受診していて誰が受診していないかという管理も自社でまかなおうとすることはなかなか難しいという現状もあります。そういった健康診断にまつわる一切の業務を、アウトソーシングを利用することによって円滑に進めることができます。

健康診断後も健康管理支援でサポート

健康診断を受診して終わりでは、大切な社員を守れたとはいえません。健診後の結果、問題のない社員は良いのですが、再検査や再検査ほどではないけれど、生活を改善したほうがいい場合もあります。社員の健康な体を維持するためにもアフターフォローが用意されている業者もあります。情報が溢れ、慌ただしく日々を過ごしていると乱れがちな食生活や睡眠不足など、通院するほどではないし、なかなか正解がわからないものを専門家がサポートしてくれるのです。具体的には、栄養管理士による食生活のアドバイスなどが挙げられます。健診のときだけではなく、継続して相談できることもあるため、社員の今後の健康を守るためのサポート体制も整えられえます。健康診断をアウトソーシングに任せることは、社員の負担を増やすことなく健康な生活を守るために有効といえます。