健康診断アウトソーシングの今後の需要

現在企業における健康診断は、雇用形態により義務化されております。しかし、業務が立て込んで受診が出来ないことや受診日に都合が合わないなど様々な要因で受診率が低下しているのが現状です。そこで健康診断をアウトソーシングする企業も増加しています。メリットとしては、受診者の利便性に配慮した内容で行うことが出来ることです。例えば、土曜日や日曜日などに受診が可能になる。さらに、実質的な作業を行う専門的な知識を持つプロが行うことで作業も効率化し、固定費などのコストダウンを図ることが出来ます。デメリットは、結果の分析や評価が不十分となり、福利厚生制度が機能しない可能性もあります。導入する企業で人材不足や人材育成に悩んでいる企業や雇用人数が多い企業では取り入れられていくでしょう。

次世代の機能を活用した健康診断で簡単・便利

今までの健康診断では医療機関が来る日に合わせて、受診日の集計をし、そこに合わせて受診するという流れで行われてきた。その検診をアウトソーシングし、さらに現在普及しているスマホを片手に受診日の予約や受診結果を専用のWEBサイトで確認が出来る。受診日の予約は、事前にネットで申し込みしそこで予約番号やバーコードが発行される。そのネット申し込みでもらった情報を見せるもしくはかざすだけで受付が完了する。さらに最先端の眼科検診が存在します。従来であれば、視力・眼圧・眼底など様々な機器を用いて検査が行われます。それらはすべて最新機器を使い、座ったままで出来、広範囲で鮮明に確認が出来る。そうすることで、早期発見や網膜剝離など急な症状で分かる病気にも対応が可能になる。受診した結果は、クラウドなどを活用し専用のページで確認が出来ることで受診の経過観察を行え、再発防止にもつながります。

健康診断の必要性とアウトソーシングの需要と傾向

現在どの企業も法律で従業員の雇用形態に応じて健康診断を受診させなければなりません。また、健康診断にも様々な用途のモノがあり、一般的なのが定期健康診断です。しかし、現在ほとんどの企業では人事部などが期限の設定や受診者名簿の作成などがあり、また通常業務がある中で行うので時間もコストもかかります。そこでアウトソーシング事業を活用し、業務の効率化アップとコスト削減になります。サービスとしては、受診医療機関の紹介や契約の事務代行・結果通知などの代行も行ってくれます。業務が乱雑化し、更に人手不足の中で多種多様に対応しなければならないでしょう。片手間に出来る業務でもないので、自社に合った健康診断をサポートしてくれるアウトソーシング事業の会社との提携をすることで今後の健康経営にも活かすことが出来るでしょう。