知っておくべき健康診断のアウトソーシング

様々な企業で社員の健康診断や健康管理などは中小企業であっても避けて通れない問題とされています。ですが、各企業でそれらを管理したり把握するリソースやノウハウがなく対応しきれていない企業も多いのではないでしょうか。そこで健康診断をアウトソーシングする方法を利用する事で、健康診断から健康管理の業務までを外部で管理、把握してもらう事が可能となります。アウトソーシングすると管理が上手く出来るか不安な企業もあるかと思いますが、アウトソーシングする事で新たな人材の中途採用や人事異動をする事なく、自社にはない専門能力を活用する事ができます。新たな人材を採用しないで済む為人件費の削減にもなります。また、専門的な部分であっても研修教育が不要で、別の角度からの考えなども生み出す事ができ、特殊技術を導入できる事となります。

健康診断をアウトソーシングするメリットとは

健康診断をアウトソーシングする事でのメリットとは、社内人事の異動をしなくて済む他に新たな人材を確保したり、研修期間なども不要となります。人材確保をしない事により、福利厚生や教育コスト、退職金などの人材採用によって出てくる費用などが全て不要となります。アウトソーシングをすれば契約期間内の一時の費用で済みます。また、社内には無い外部設備を利用できるので、社内での準備なども不要ですし、必要なスキルを必要な時に、必要なぶんだけ利用する事ができるので幅広いサービスを利用できます。健康診断や健康管理のアウトソース機関では、様々な医療機関と繋がりを持っている所が多くあるので、企業側の課題や問題点を解決する為の最適な提案をしてくれるアウトソース機関を選ぶ事が大切になります。

健康診断をアウトソーシングする時の特徴とは

健康診断をアウト―シングする時の特徴をご紹介します。アウトソース機関では多数の医療機関と繋がっている事が多い為、社員のひとり一人に合う健康診断のコースなどを選択する事ができます。Web上で予約の確認などが可能な為、予約状況や受診状況などの把握ができ未受診者への連絡がスムーズにできます。がん検診や婦人科健診など年齢条件に合わせ追加したいなどの要望にも対応してくれます。また、コースやオプションなどの設定もスムーズにできます。人間ドックの費用や健康診断費用、コースやオプションなどの自己負担額や補助金設定などは健康保険組合ごとによって違いがありますが、それらの設定にも柔軟に対応してもらえる為、健康診断当日は自己負担額の支払のみで受診する事が可能です。これらの対応を社内で行うには業務が繁忙となってしまい、本来の通常業務をするのが困難となりますが、アウトソーシングする事で解決ができます。

健診結果データ、就労データ、面談記録、メンタルヘルスデータも管理できるクラウド型健康管理システムです。 15年超にわたり、400名を超える産業保健スタッフの声を集積し、2018年に完全刷新されました! 専任チームによる、女性の為の健康支援サービスです。 健康相談、産業医・専門医紹介も承ります。 健康診断はプロにお任せ!アウトソーシング化で業務効率アップ